人口減少の街として全国で評価がされている市町がある三浦半島。
本当に魅力の無い場所でしょうか?
と言えば決してそうでは無く、逆に魅力溢れる立地と環境に恵まれた場所だと知ってもらう最良の表現として「三浦半島はイタリア半島」を提案しております。

三浦半島の野菜はイタリア種の野菜、西洋種の野菜も多種多品目が栽培収穫され、それらは都内~横浜など一流レストランと契約している生産者も多く品質信用共に全国に誇れるものです。
また、海産物の種類も東京湾・相模湾・太平洋のそれぞれ特徴のある魚が捕れ、それらはイタリア料理などでも頻繁に使用される青魚類・カジキ・マグロ・タコなど、その他にも種類が同じようであり、海の幸の種類の豊富さは実に素晴らしいのです。

これらには地球的観点からの裏付けがあります。三浦半島はイタリア南部とほぼ同じ緯度にあり生産物も海洋生物も同じような環境で両半島に存在し食文化もそれらをベースに発展してきました。
そして共に細長く南東に伸びたブーツ型(イタリア半島はロングブーツ:三浦半島はショートブーツ)という見た目からも楽しみと発見をもたらす事が出来ます。